なんでもない日々

日々のつぶやきなど・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

感覚の相違

昼休み、本の話になった時にIさんが
「友だちがまんがや小説を300冊持ってて、その中から面白いのを20冊くらい貸してくれたんです」
と言った。
彼女の感覚では300という蔵書の数はかなり多いようなんだけど、
「へぇ~そうなんだ」
と言いつつ心の中で「300冊って多いのか?普通じゃね?」と思った私は、世間の感覚からはかなりズレてるのだろうか?

後日、Iさんがいない時に結構まんがを読んでるらしいRさんに蔵書数を聞いたところ
「私は本棚が二つあってそこにびっしりまんがが入ってる。今年の初めに300冊くらい処分したし」
と言う。
「そうだよねー、それくらいだと多いよねー」
と思った私の感覚はやはりおかしい?

その人の立場・状況によって「普通」という感覚は変わるものだから、あまり本を読まない人にとっては300冊も本があるというのは「多い」のかもしれない。

でもIさんってアニメ・まんが好きなんだけどな。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは^^
あー、私も似た経験あります。
「普通じゃね?」と思ったkeitoさんに激同(笑)
返事に微妙に躊躇してしまいますね、
とりあえず私もサクーッと驚いてみましたが^^;
マンガだと尚更微妙ですね~、
買いやすい類のものですし・・・。

ミイ子 | URL | 2006年05月17日(Wed)09:48 [EDIT]


ミィ子さん、こんばんは。

まんがは微妙ですね~。
あんまり沢山持ってることをアピールすると「オタク?」と思われるし。
まぁオタクと思われてもしょうがない程度に持ってるのは事実ですが、ディープなオタクではないので、そういう部分は隠しておきたいですし。

本(まんが含む)を読む人と読まない人の溝って深いですからね。

keito | URL | 2006年05月17日(Wed)22:03 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。