なんでもない日々

日々のつぶやきなど・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

よつばとしろとくろのどうぶつ

2月はBL小説を1冊も読まなかった(まんがは読んだ)。ここ何年そんなことはなかったのに。
で、なにを読んでたかというと、前に書いた「建築探偵」と「よつばと!」です。
もーもーもー!よつばが可愛くて可愛くて!!
おかげさまで絵本まで買ってしまいましたよ。
今月発売のひめくりカレンダーだって買うつもり。
久し振りにハマッたふつーのまんがですよ。

よつばとしろとくろのどうぶつ
あずま きよひこえ
メディアワークス (2006.12)
通常2-3日以内に発送します。

↓これがひめくりカレンダー。可愛い(^。^)
気づいたときにはすでに予約締め切りすぎてたけど、手に入るかな。


そうそう、bk1は7月をめどにブリーダーズプログラムを止めるそう。さみしいことです。

スポンサーサイト

PageTop

再熱

一時夢中になって読んでいた「建築探偵シリーズ」。
途中で力尽きたように読まなくなって、買うだけは買って積読になってたのですが、最近通勤途中で読む本がなくなってきて再び手をつけることに。
ていうか、積読してるうちにノベルズに文庫が追いついてきちゃってあせったのでした(>_<)

「仮面の島」を読み始めた時に丁度NHKで物語の舞台であるヴェネツィアの特集番組をやったのです。
まだ番組を見る前に読んだ時は、ヴェネツィアというと「森川久美の世界だわ~」(古い?)くらいの意識しかなく、町を歩く描写を読んでもぴんとこなかったのです。
が!この番組を見てからは、テレビで見た路地や干潟が頭の中に浮かんできて、より物語を楽しむことが出来たのです。
自分が物語の舞台を知ってるのと知らないのとでは、楽しみ方がかなり違ってくることを実感しました。

そしてやっぱり物語りそのものも面白いんですよ。
すっかり再熱して、続巻を読んでいます。

仮面の島
仮面の島
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.13
篠田 真由美著
講談社 (2000.4)
通常2-3日以内に発送します。


知らぬ間にこんな本も出ていて↓

建築探偵桜井京介館を行く
篠田 真由美著
講談社 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。

これを見たら、作品を読むのがますます楽しくなりそうです。

PageTop

みぃつけた

なんて可愛いんだっ!若だんな&鳴家!!

鳴家にさみしい気持ちを救われた若だんなと、若だんなの一番の友だちになれた鳴家。

人間と妖との奇妙だけど優しいつながりに、気持ちがほっこりします。

みぃつけた
みぃつけた
posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 5
畠中 恵文 / 柴田 ゆう絵
新潮社 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。

PageTop

ついにっ!!

今月末、待ちに待った「聖なる黒夜」が文庫化して発売になりますっ!
ハードカバーで読んだけれど、文庫で永久保存版にしようと思ってます。
未読の方はこの機会にぜひっ!

2006/10/22追記
ハードカバー発売当時、抽選でプレゼントされた小冊子があるということを目にしたことがあるんだけど、はたしてその冊子の中身は今回文庫収録されているのか、非常に気になります。

聖なる黒夜 上
柴田 よしき〔著〕
角川書店 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。
聖なる黒夜 下
柴田 よしき〔著〕
角川書店 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。

PageTop

まんが喫茶

バイト仲間と3人でまんが喫茶へ行ってきました。
「まんがは買って読むもの」と思ってた私にとって、初めてのまんが喫茶です。

トリプルスペースが空いてなかったので、個々に仕切りのあるスペースを利用することにして3時間。

本棚を詳しく見ればあったかもしれないけど、ざっと見た感じではBLはなかったようです。

以前友だちに「面白いよ」と勧められたことがある本を読むことに。
読むの遅いので時間内に全巻読みきれなかった・・・。

狭いながらも1人になれるし、静かだし、涼しいし、集中してまんがを読むにはいいかもしれない。
まんがの続きも気になるし、近いうちにまた行こうと思います。

PageTop

くものすおやぶんとりものちょう

絵本を衝動買いしてしまいましたよ。
とあるブログでの評判を読み、ネット書店で表紙を見てぽちっと。

これが大正解!

むかしむかしの虫の町。
くものす親分をはじめ、蝶やバッタや蟻が着物を着て町を闊歩してる!!
町の様子、虫たちの姿、全てが細部まで丁寧に描かれていて感激。

作者の秋山あゆ子さんは、かつて「ガロ」で虫マンガを描いていらしたとか。

とっても気に入ったので、子どもが生まれた友達にプレゼントしてみようかしら。
くものすおやぶんとりものちょう

PageTop

DEATH NOTE12

なんとも哀れな最期でしたね、月。

人の寿命を操り、神になったつもりでいたら、自分にも死が訪れることを忘れていたというか。
でも最後の最期に人間らしい面を見せたといえるかも。

人は誰も死からは免れない。
それだけは唯一の平等。

Death note(12)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。